あえてお墓を作らない供養をする

時代の流れにより、高齢化や核家族化が進行している現在、お墓のお世話がなかなか出来ない人達が増えています。 そうした実情の中で、お手入れが出来ずに荒れ果ててしまうお墓が増え、先祖代々のお墓を管理できずに困っている人も多く見受けられます。 そのような中、最近ではあえてお墓を作らないという人が増えてきています。

現在はご存知のように少子高齢化の世の中です。 その流れにより、跡取りのいないお墓も増加しています。 例えば子供いない夫婦の場合は、二人とも亡くなってしまえばお墓を継ぐ跡取りはいません。 また、子供たちが県外に出てしまい、地方にお墓がある場合には、なかなか思うようにお墓の手入れや供養を行うことは難しいでしょう。 このような現状を踏まえて、お墓があることによる遺族の負担をなくすために、あえてお墓を作らないという選択をする人もいます。

お墓を作らずに故人を弔う方法には様々なパターンがあります。 お寺に遺骨を引き取ってもらい、供養をしてもらう「永代供養」や、墓石の代わりに樹木を植える「樹木葬」や決められた場所に遺骨を撒く「散骨」、遺骨を自宅で保管し供養する「自宅供養」といった方法があります。 近頃では通夜や葬儀を一切行わず、斎場に遺骨の処分をお願いするという「0葬(ぜろそう)」といった方法もあり、金銭的な負担もかからずお墓も必要ないとして注目を集めています。

お墓を作らないという選択には、いずれにしても親族間での話し合いが重要になります。 自分が生きているうちから「終活」としてお墓のことを考える人も多い現在、家族の間でお墓の在り方について今一度話し合いをしておくということも大切ではないでしょうか。