永代供養が注目されている理由

往来では、人が亡くなると、先祖代々受け継がれたお墓に入るという流れが一般的でした。しかし近年では、知らない他人の人達と共同のお墓に入るという「永代供養」が増加しています。

今、永代供養が注目を集め、増加している理由とは一体何なのでしょうか。永代供養が注目を集める理由として、社会全体の変化が挙げられます。少子化の進行により、往来であれば子供や孫が代々受け継いでいくお墓が無縁仏となってしまうパターンも増えています。

子供いない夫婦であればお墓の後継者がいないことになりますし、一人っ子で女の子の場合にも、お嫁に行ってしまうとお墓を継ぐことは難しくなります。

それに加えて核家族化の進行により、子供や孫が都会に出て暮らしているため、田舎の離れた場所にあるお墓の管理を行うことが難しいという状況もあります。お盆やお彼岸にお墓参りをしようにも、現代人は忙しく、思うように休みが確保できないと遠方のお墓へ出向くことも難しくなります。

また、高齢化により、お墓の後継者が高齢であることも多いです。高齢になると足腰も弱くなってしまい、山の上にある墓地に赴くのが困難になったり、お墓の掃除や手入れが身体的な負担となってしまいます。上記のような社会全体の変化により、終活として生きているうちから永代供養を選択する人たちが増加しているのです。これからも更に少子高齢化が進んでいくと、自身の老後や残された家族のことを考え、永代供養を選択する人はこれからもどんどん増えていくことが予想されます。