墓じまいが増えている

様々な事情により「墓じまい」を行う人が増えています。
墓じまいとは、お墓の解体や撤去を行うことであり「廃墓」と呼ばれることもあります。
その理由は様々ですが、子供にお墓の負担を負わせたくない、子供がいない又は子供が女の子のため跡を継ぐことが出来ない、高齢のため身体的負担によりお墓のお世話が出来ないといった事情が挙げられます。その他にも宗教的理由や金銭的理由といったものもありますが、墓じまいが増加している背景には近年の少子高齢化の影響があると言えるでしょう。

墓じまいを行うには、法律で定められた墓地埋葬法による手続きが必要となります。
簡単な流れとしては、お墓がある市区町村役場に改葬許可申請を行い、お墓から遺骨を取り出して供養を行い、墓地の解体・撤去を行うという形になります。墓じまい後の遺骨の行き先としては、公営墓地への改葬合祀をしたり、永代供養や納骨堂に納めたり、散骨や手元供養を行うといった方法があります。

お墓はお世話をする継承者がいないと、いずれは無縁仏となってしまい、最終的には撤去処分され、遺骨は他人と一緒の合祀墓に行く事になります。
最近のデータによると、今現在は既に約40%ものお墓が無縁墓化しており、10年後には60%以上のお墓が無縁墓になるであろうと言われています。墓じまいを行った人達の間では「これで無縁仏にならずに済んで良かった」「身体的な負担が軽減されて安心した」という声も多く、今では墓じまいを支援するサービスを行う業者も増えてきています。

墓じまいはお金や時間もかかりますし、親族間での話し合いも必要となる大きな選択であると言えます。ですが、将来的にお世話が出来ず先祖代々の無縁仏にさせないためにも、きちんと考えて検討しておくことが大切です。